デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

HOME > 「FPの家」とは? > 性能とデータ > 省エネ性能

省エネ性能 energy saving performance

「FPの家」省エネ性能

わずかな冷暖房で理想な快適な暮らしができ、光熱費もきわめて安くすむ「FPの家」。
オール電化との相性も良く、太陽光発電併用でさらに削減、家計にやさしい住まいです。

FPの家なら、本当の省エネが実践できます。

省エネのために知っておきたい

意外と知らない「熱の基本」

人間はどういう時に
寒さを感じているのでしょう。

わたしたちが感じている温度は「気温」だけではなく「湿度」や「風」によっても変わってきます。そしてもうひとつ「輻射熱」という要素があります。例えば、寒い冬にひんやりとする窓のそばにいるとブルっと寒く感じます。これは体から熱が奪われているために寒く感じているのです。人間の体は体温を自動的に調整しようとするため、常に周囲のモノと「輻射熱」という熱のやり取りをしています。室内が暖かくても床や壁、窓が冷たいと寒く感じてしまうのはこのためです。逆に夏、暑く感じるのは体から熱が発散できない状態になると暑く感じるわけです。

熱の伝わり方には
3種類ある。

「熱」の伝わり方は3種類。「伝導」「対流」そして「輻射」です。伝導とは、直接熱源に触れることで伝わる方法。「床に足が触れて暖かく感じる」ことがそうです。次に「対流」。これは空気や水のような媒介物を通して熱が移動するイメージ。「エアコンの温風が身体にあたって暖かさを感じる」といった場合がこれにあたります。最後の「輻射」は放射とも言い、熱源から発生した赤外線などの電磁波が直進して対象物へ熱を伝える方式。住まいのなかでいえは「電気ストーブにあたって暖をとる」といったシーンというと理解しやすいでしょうか。

「採暖」と
「暖房」の違い

私たちの祖先は焚き火で暖をとっていました。これを「採暖」と言います。現代では薪や石油・電気ストーブ、暖炉、などが同じ方式です。輻射熱は直進しかできません。熱にあたっている方は暖かくなりますが、裏側の温度が寒ければ体から熱が奪われ寒く感じます。一方、エアコンなど空気自体を暖めて「対流」させて暖をとる方式は、時間は掛かりますが部屋全体を温めます。ただし温められた空気は上に上がってゆきます。「暖房」とは「房」つまり部屋が暖まること。暖房設備の方式に関わらず、部屋全体が暖まり身体を包み込むような心地よさを感じることができる状態が、本来の意味の「暖房」なのです。

暖冷房費の違いでわかる、経済性の高さ。

ウレタンパネルの優れた断熱性能により、高い省エネルギー性を確保できるのが、「FPの家」の特長のひとつです。改正省エネルギー基準では、熱性能が従来の「熱損失係数(Q値=床面積あたりの熱損失量)」から「外皮平均熱貫流率(UA値)」へ移行となりましたが、このように熱性能の基準が変わろうとも、「FPの家」の省エネ性の高さは、全国一律で最高水準であることに変わりありません。
下のグラフは、改正省エネ基準のもとで光熱費データを比較したものです。駆体構造がしっかりしている「FPの家」は、暖冷房費を見ればエネルギー効率の良さがよくわかります。エネルギー消費量も計算上の基準値に対し、「FPの家」の設計値がはるかに下回り、施工をきっちり行っていることから、実測値はさらに低い値となっています。太陽光発電の採用で光熱費はさらに削減でき、10年後、20年後も入居当時そのままの快適さと省エネ性を持続することができます。

オール電化

光熱費データ 比較グラフ

●建築値:岩手県花巻市
●面積:[1F]89.44㎡[2F]53.28㎡(吹き抜け、ロフトを含む)
●延床:142.72㎡
●外皮表面積:332.77㎡
●UA値:0.43W/㎡K
●太陽光発電パネル:6.6kW

改正省エネ(基準値・設計値)
実績値

省エネ性能を極めた「FPの家」モデルハウス

省エネ性能を極めた「FPの家」モデルハウス

「軽装でも暖かく、光熱費ゼロ円を目指す住まい」というコンセプトで、札幌市に建築された『FPの家』フラッグシップモデル住宅。「札幌版次世代住宅基準」のトップランナーに適合したこの住宅は、断熱や気密性をはじめとした住宅性能に特化し建てられました。
この建物、普通の『FPの家』より断熱力を少し強化し、換気システムも寒冷地向け仕様を採用し規格を強化した結果。Q値(熱損失係数)=0.44W/㎢をマークするなど極めて優れた高断熱・気密性能を記録。冬、零下の北海道でエアコン1台でも快適に過ごせるほどです(北海道ではエアコンで暖房すること自体難しいもの)。
搭載された太陽光発電パネルを稼働させての年間の光熱費計算では、売電率85%として光熱費がゼロになるどころか、年間58000円ほどプラスになる計算に。ネットプラスエネルギー住宅への対応も可能となっています。

▶ 光熱費ゼロを目指した家づくり

燃費で比較

床上2mを示す赤いラインまで水害の影響が。

経年変化しないFPパネルだからこそ、
断熱材を再利用することが出来ます。

1998年の高知豪雨では高知市の総合住宅展示場が大きな被害を受け、「FPの家」のモデルハウスも床上2mまで泥につかりましたが、断熱材であるFPウレタン断熱パネルには水害の影響が全く見られず優れた耐水性を実証し、約3週間で原状回復。5年間の展示期間を終え、解体現場をご覧になったお客様がFPパネルの性能に感心され、モデルハウスのパネルは新たな「FPの家」に生まれ変わりました。これは一例にすぎませんが、このように再利用できる断熱パネルは他にはありません。

このページの内容をもっと知りたい方に、おすすめのカタログはこちら!

F&P TOTAL GUIDE[軸組編]

 

このカタログのご請求はこちら

 

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介