デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

HOME > 「FPの家」とは? > 性能とデータ > 耐震構造

耐震構造 earthquake-resistant structure

FPウレタンパネルの強度とFP軸組工法で、
大切な家族と財産を守ります

改めて日本の住まいの耐震性が強く要求されています。
床、壁、天井などの躯体の中にしっかりと組み込まれている壁倍率大臣賞認定を取得したFPウレタン断熱パネルは、
頑丈な一体構造を作り上げ、驚くほどの強度、耐震性、耐火性、そして耐久性をもたらします。

FP軸組工法

FP軸組工法(壁組)

「FP工法」は断熱性、気密性の高い硬質ウレタンと木枠パネルの一体成形した「FPウレタン断熱パネル」を、建物の躯体に組み込むことにより、軸組工法でありながら壁構造の強度もあわせもっています。そのことにより、一般工法より強い耐震性を備えた建物ができあがります。

FP軸組工法と他工法との比較

 

力学的強度を比較してみると、一般の軸組工法の強度を表す壁倍率は2.0であるのに対し、
FP軸組工法の壁倍率は3.4。すなわち1.7倍もの壁組強度(応力=物体内部の抵抗力) を誇っています。
※当社実験により実証

 

FP軸組工法

業界初!FPウレタン断熱パネルが
壁倍率大臣認定を取得

FPウレタン断熱パネル(筋交いなし壁パネル)が壁倍率2.1倍の国土交通大臣認定を取得しました。耐力面材や筋交いのないパネル枠と一体成型された硬質ウレタンフォームが主耐力として認められた壁倍率大臣認定は、※業界初となります。 ※当社調査による。
これによりFPパネルは耐震部材であるとともに、優れた性能を有することが改めて証明されました。

 

耐震・耐火実験で実証された安心構造

阪神・淡路大震災を再現した振動や実験用のより強い振動を与えた耐震実験でも、FPウレタン断熱パネルを用いた建物にはほとんど影響はありません。 また、FPウレタン断熱パネルは優れた耐火性を持ち、発火温度は木材とほぼ同じ400℃前後です。

耐震実験 耐火実験
FP WEB.TV
FP WEB.TV

日常を一変させた東日本大震災。
大津波に耐えた住まいをご紹介
岩手県 桜庭様

笑顔を再び 東日本大震災「FPの家」ドキュメント

2011年3月 東北地方を中心に広範囲に襲った大地震。震災後、「FPの家」と共に復興を願う岩手県にお住まいの2つのご家庭に当時の状況を伺うことができました。「復興への希望、津波に耐えぬいた家。」 ~この事実をあなたに伝えたい~

技術指導員免許証

「FPの家」品質管理規定

FP会員が「FPの家」を施工するにあたり、その品質を確保する為の規定を設け、それを遵守することとしています。

技術指導員免許証

「FPの家」グループ全国事務局が認定した「FPの家」の設計・工事監理の知識および技能に関する資格審査により、「FPの家」技術指導員として登録したことを証する免許証が発行されます。

このページの内容をもっと知りたい方に、おすすめのカタログはこちら!

F&P TOTAL GUIDE[軸組編]

 

このカタログのご請求はこちら

 

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介