FPの家

人が、あたたかい。

新町住宅

断熱性能を強化し、温度差によるバリアフリー化を実施しました。外部サッシはトリプルLowーEガラスを採用し、遮音性とし遮熱・断熱性を兼ね備えた仕様となっています。外部からの騒音のない静かな心休まる空間が快適性の条件だと考え計画しました。
調湿機能を持った換気システムを採用し、夏の湿気対策及び冬の加湿対策を考慮して運転することで、エアコンの持つ能力以上に、夏の蒸し暑さや冬の乾燥等の体感、皮膚感覚を変えるという数値では現われない快適効果を発揮しつつ、調湿効果のある漆喰塗り・和紙貼り(土佐和紙)を仕上材に採用し、省エネルギー効果も期待したお家です。 高性能な家ほど、日本の風土に合った湿度対策を実施することで、より快適な生活空間を実現できることを実証した住宅です。

九州・山口地区山口県

周辺環境、採光及び太陽光発電を考慮したデザインです。

天井を高くすることで、空間を広く見せる工夫をしました。

内部扉の少ないオープンなプランです。

変形敷地に合わせたオープンなキッチンです。

幹線道路沿いのためプライバシーを考慮し、上部より優しい光が差し込む計画としました。