人が、あたたかい。

新しくて古い家

居住地である奈良県産材の木材を構造材に使い、その特徴である曲げ強度を利用した1Fワンルームタイプの間取りはFPの家の良さを100%引き出し、家中どこにいても一年中快適に暮らすことができます。内装材には粘土を焼き上げた煉瓦やスチールの階段、桧や杉の床など多種多様な素材をバランスよく配置し、ゆっくりとした時間が流れる居住空間ができあがりました。

関西地区奈良県

漆喰の外壁に奈良県産の杉、煉瓦の塀で彩りのある外観。

たくさんの自然素材をつかったゆっくりとした時間の流れるリビング。

家の中心に位置するダイニングにはハンドメイドの大きなテーブル。

奥まった場所にあるキッチンまで届く南側からの風と光。

玄関にはリビングの吹き抜けからの光を取り入れる木製窓。