FPの家

人が、あたたかい。

過去と未来を繋ぐ家

築70年の住み慣れた家を建て替える決断をされ、解体時に綺麗に取り除いた欅の梁を新しく建て替える家に再利用させていただいたお宅。旧家に想いを馳せ、その想いを梁と共に未来に繋ぐ、そんな絆を育む家が出来ました。住み慣れた旧家の良さも残しつつ、快適性と開放感を高めた和モダンの住宅です。

北信越地区新潟県

切妻の大屋根で重厚感を演出。和のテイストを取り入れた落ち着いた外観。

畳コーナーがあり、話にも花が咲く玄関。

吹き抜けに面した2階ホールのスタディスペース。

格子戸で仕切ることでフレキシブルな用途を持つ和室に。

吹き抜けの開放感が心地よいリビング。欅の梁がアクセントに。