• 保冷室「クルム・ネオ」って何?
  • 素敵がいっぱい。4つのポイント
  • 「クルム・ネオ」のあるくらし
  • なるほど!がいっぱいQ&A
  • お問い合わせ

なるほど!がいっぱいQ&A

「クルム・ネオ」のネーミングの由来は何ですか?

冷たいお部屋で食品等を包んで新鮮さを守るので、クールルーム(COOL ROOM)と包む(くるむ)をかけて「クルム」(COLM)と名づけられ、従来の商品からさらに進化したので「クルム・ネオ」(COLM neo)と改名しました。

「クルム・ネオ」内に結露は発生しませんか?

極端に「クルム・ネオ」内の温度を下げてしまいますと室内の湿度が高い夏場など、結露が発生する恐れがありますので、季節に問わず「クルム・ネオ」は5℃〜15℃の間でお使いください。

冷蔵庫のように機械音がするのでしょうか?

「クルム・ネオ」内に設置している冷却装置本体はエアコンと同じ仕様のため振動や機械音が気になることはありません。
ただ、設置場所や室内の状況により、多少気になる場合もありますので、寝室など静穏を保つ必要のある部屋はプランニングの段階で「クルム・ネオ」から遠ざけることをお勧めしています。

どんな食べ物でも収納して良いのでしょうか?

「クルム・ネオ」は匂いを取り除くことはできません。
冷蔵庫のように活性炭を入れるなどの工夫でいくらか匂いを消すことは可能ですが、あまり強く匂いを発する食べ物の収納はお勧めできません。

食品の保存に最適な温度を教えてください。


低温障害を起こしやすい食品の例
トマト・ナス・キュウリ・サヤインゲン・サツマイモ・バナナ・
グレープフルーツ・レモン・アボカドなど

ページTOPへHOME