• 保冷室「クルム・ネオ」って何?
  • 素敵がいっぱい。4つのポイント
  • 「クルム・ネオ」のあるくらし
  • なるほど!がいっぱいQ&A
  • お問い合わせ

野菜やお米などの食材をまるごと保存。
趣味で作った野菜や大きな米袋など、食材を小分けせずにまるごと大量に保存できます。
大皿料理の一時保存に。
オードブルなどの大皿料理や人数分のサラダボウルなど、料理の一時保存に便利です。

実用的、だから、毎日素敵。

「クルム・ネオ」の魅力は、その実用性。例えば冷蔵庫に入りきらない「大きなもの」や食材の箱買いなど「たくさんのもの」を収納することができます。
また、キッチンまわりからあふれた鍋や餅つき機、かき氷機などの調理家電の保管にも便利です。

●調味料や保存食の保管

スパイスや調味料などを「クルム・ネオ」に収納すれば、キッチンまわりもすっきり。缶詰等、頻繁に使用しない食材の保管にも適しています。

ワインセラー代わりに。
ワインセラーとしても最適温度で。ペットボトルやビールも冷やしたままで大量に保存できます。
日々熟成が進むチーズの保管に。
ワインのお供に欠かせないチーズは直射日光厳禁。新鮮な作りたての味を長く楽しめます。

※ご紹介しているワインセラーは、温度変化が少ない涼しい場所として適していることからの記載であり、
実際のワインセラーとは異なります。

 

優雅、だから、毎日有意義。

「クルム・ネオ」は趣味を生かすという側面も持ち合わせます。たとえば手づくりの果実酒の長期保存や、釣ってきた魚の一時保存、山菜採りで余った食材の保管など、余暇の楽しみをふくらます便利が待っています。

●化粧品の保管

サブメイクルームとして、気温に左右されやすい化粧品を保管。
ドレッサーまわりもすっきりするうえ、デリケートな化粧品の品質を維持できます。

鮮度をそのままに大量保存。
スイカやメロンなど、冷蔵しておきたい大きな食品の保存に便利です。みかんの箱買いもOKです。
ケーキを箱ごと保存。
冷蔵庫の中棚を外すことなく、高さのあるケーキや食品をらくらく収納できます。

木のぬくもりいっぱいのお宅にお住まいのS様。そんな素敵なお宅で、元気いっぱいのお子様2人と一緒にお出迎えを受けました。「『FPの家』は、家中どこにいても暖かいじゃないですか。だからこそ保冷室が必要なんです。」「今でこそ、クルム・ネオのある生活が当たり前になっていますが、とても満足しています。」と奥様。時折、知り合いの農家の方から沢山の野菜を頂く機会があり、その度に大活躍しているようです。「うちの中がとっても暖かいので、ジャガイモなんかはすぐに芽が出てしまうんですが、クルム・ネオがあれば頂いたそのままの状態でしまっておけるんです。」また、ご自分で手作りの果実酒をつけていらっしゃる奥様は「果実酒作りに使っている大きな入れ物もそのまましまって置けるので、すごく便利です。」とクルム・ネオをとても上手に使われています。

雑誌で『FPの家』を知り、資料請求をしたのがお住まいを建てられるきっかけになったというI様。当初、設計の段階では、必要ないと思っていたようですが、打ち合わせ段階で熱心なアプローチを受け最終的にクルム・ネオをプランニングに組み込むことに。「実際に使ってみて初めてクルム・ネオの便利さを知り、今では保存スペースを気にすることなく、どんな買いだめも楽にできます。」と奥様。以前、住まわれていたお宅でも週に一度買いだめを行っていたそうですが、その都度冷蔵庫がいっぱいになって困っていたそうです。「今では、冷蔵庫に入れて保管したことのない乾物や缶詰、冬場ではオードブルはもちろん、みかんをダンボールごと買ってきて、そのまま収納しています。」今となっては奧様にとって欠かすことのできない存在となっているようです。

ページTOPへHOME