開放的なリビングが特徴的なコの字型の家

シンプルで暮らしやすく、且つ整えやすい、オーナー様こだわりのお家がここに完成しました。 一見平屋を思わせる外観から一歩中に入ると、ドーンと大空間が広がる、びっくり箱のようなお宅。 随所に職人技が光るこだわり抜いたデザインと家事のしやすさに特化したハイスペックな住まいです。

深みある焼杉の上品な墨黒とメープルカラーの玄関扉がアクセントになった、洗練された落ち着きのある印象に仕上げました。

リビングと中庭を隔てる大きな窓が開放的な印象を与える広いLDK。高い気密性、断熱性を備えたぬくもりある木製サッシを使用。

階段下のデッドスペースは子供たちの本棚と、学校から持って帰る作品などの展示場所に。

リビングからキッチンへ、すこし遊び心を。フローリングとヘキサゴンPタイルの融合。
日々の掃除のことも考え、ロボット掃除機がスムーズに動くよう邪魔になる段差や家具の足をなるべく無くしたLDKフロア。

アイランドキッチンから続くダイニングテーブル。その先には中庭が見え、子供たちの様子もうかがえます。

2階ホール:一枚一枚敷き詰めたレッドシダーの天井と、階段はアイアン手すり格子をランダムなデザインに。手すりの革カバーも、職人が一針一針その場で縫って完成させたもの。

リビングからつながるウッドデッキは家族の憩いの場になったり、子供たちのダンス場になったり。
プライベートを守る中庭で子供たちを安全に遊ばせることができるように。

キッチンから洗濯・洗面室へと続く廊下。天井の片側にきれいなカーブを施しアシンメトリーに仕上げました。

玄関からシューズクローク、そして家族のウォークインクローゼットへと続くオーナー様こだわりの収納部屋。両サイドに大容量の可動式収納棚を設け、家族各々の収納スペースを確保しました。

床の間の版築壁と工務店がデザインした個性的な襖がポイントの和室。すのこをヒントにデザインした布団専用の収納棚も設置し、来客用の宿泊部屋にも。

当サイトに掲載されているコンテンツの全部または一部を、その使用目的、形式、方法を問わず、複製または転載し、他に送信することを禁じます。