FP Design Award 2019
第5回 FPの家 デザインアワード2019

和のナチュラル住宅

軒の深い和なデザインを重視することで日射を調整し、庭と一体感のある空間を造り出します。1階リビング・和室の窓を大きくし、庭の景観を楽しめるようにしました。また東西面は極力窓を少なくし、隣地とのプライバシーを確保しています。北側階段ホールを利用した吹抜けを設け、天窓から安定した柔らかい光をダイニングへ注ぎ、夏場は通風経路に利用し、冬場は1階の暖かい空気を2階へ送る機能を果たします。間取りはキッチンを中心に奥様に優しい使い勝手の良い動線計画としました。

黒を基調にした、落ち着いた和のイメージ。深い軒の出により、季節による日ざしを調整し、天候に関わらず積極的に自然の風を利用できる機能的なデザインとしました。

家族が集まるリビングは自然素材を活かしたナチュラルなイメージで、温かみのある癒しの空間を提供します。

リビングから続く階段ホール、こだわりのカウンター机がアクセントです。

キッチン手前のダイニングスペースから奥の洗濯スペースまで一直線の家事動線は、奥様に好評です。

リビング横の和室は建具を開放することで一体的に使え、職人が丹精込めて手作りした引戸は部屋のアクセントになります。

こだわりの造作洗面コーナーです。

2階ホールは白い漆喰壁と天井杉板張りのコントラストが綺麗な、勾配天井仕様です。

玄関の壁の一部には濃紺の和紙を使い、目を引くギャラリーコーナーに。左手奥に家族専用玄関を設け普段は靴の無いスッキリ綺麗な玄関となります。

白い壁に真っ赤なポストが映える玄関ポーチ。無垢の柱をアクセントに木調の軒裏材で木造住宅のイメージを引き立てます。

【結果発表】2019年3月25日(月)