第6回 FPの家 デザインアワード2020

投票期間 2020年1月30日(木)〜 2月28日(金)
結果発表 2020年3月16日(月)

ホワイト×ブルックリンスタイルの家

外観はシンプルですが、エントランスを開けると、オープンなリビングが広がるアメリカンスタイル。
全体がホワイトの壁紙に、グレイッシュなフロアーと木の色がカッコよくまとまっています。
アクセントのブリックタイルや、新鮮なカラーを使った壁紙が、かわいらしさも演出する素敵な家になりました。

外観は、シンプルなガルバリウムのサイディング。
窓をバランスよく配置することによって、スッキリした印象になりました。

LDKは、ストリップ階段と吹き抜けを中間に配置しながら、空間の広がりを持たせています。

キッチンは、オールド塗装の羽目板をランダムに張り、ヴィンテージ感を演出。
背面のブルーの壁紙のオープン棚には、キッチン小物や雑貨も飾りながら、奥様の楽しめる空間をつくりました。

ダイニングは、当社オリジナルのテーブルに、お好きな椅子を組み合わせていただきました。
奥に見えるのが洗面コーナーで、開口で区切りながらもオープンに設計しています。

リビング続きに配置したタタミコーナーは、普段はリビングの一部として利用し、来客時は引き戸を出して間仕切りもできる仕様になっています。

トイレは、薄いブルーの壁紙に、床もブルーのブリックタイル柄のビニールシート。
奥様のセンスが光ります。

寝室も、ブルーがかったコンクリート風の壁紙を全面貼り。独特の雰囲気を醸し出し、かっこいい空間となりました。
ベッドは、自社オリジナル。

子供部屋は2階ホールからのオープン設計。階段吹き抜け手摺は、子供部屋に面しては本棚手摺としています。
机をセットしたロフトベッドも、自社オリジナル。

ロフトから見下ろした、階段と吹き抜け。
天窓からの光が1階まで届くダイナミックな空間となりました。

リビングの夜の雰囲気。
ブリックタイルに当てられたスポットライトの光が、陰影を醸し出し、大人の雰囲気を造ってくれています。