第7回 FPの家 デザインアワード2021

投票期間 2021年1月28日(木)〜 2月26日(金)
結果発表 2021年3月15日(月)

庭を楽しむモダンスタイルの家

街中に建つ黒くシャープな外観の建物ですが、南側には旧建物の日本庭園をモダンスタイルにリフォームしたお庭を配しています。
四季を通じてお庭を楽しめるよう、南側には大きな窓を配し、それ以外の外壁は窓を最小限にして耐震性を高めています。
タタミコーナーも配した広いLDKから、お庭に向けて開放的な生活が楽しめるお宅となりました。

夜の北側エントランス外観。
窓は最小限にしながらも、横長窓を一体に見せるデザインで、単調になりがちな外観にアクセントを加えています。

吹き抜けと掃き出しの大きな窓からの採光により、明るいLDK空間が広がります。
落ち着いたチーク色のフローリングが、コーディネートを引き締めています。

大きなダイニングテーブルとセパレートキッチン。階段下にはお子様の学習コーナー。
キッチンの奥には、パントリーやユーティリティースペースを配置しています。

キッチンからの見通し。
リビング階段がリズム感のあるデザインとなっています。

間仕切り可能なタタミコーナーを含めたLDK全体。
タタミコーナーはエントランスから直通の入り口があり、ゲストルームとしての利用も可能です。

夜のリビング・ダイニング。
絶妙な照明計画で昼間とは違ったグレード感が味わえます。

ロフトから見下ろした、2階ホールと吹き抜け。
吹抜窓からはお庭の風景も垣間見ることができます。

2階ホールのロフト階段。
ホールには本棚のコーナーも設置。家の中央に配置された階段を明るくするトップライトも設置しました。

FP屋根遮断パネルを利用したロフト空間。
階段で上がれるスペースなので荷物の上げ下ろしも便利です。

庭側の外観。
ここに窓を集中しています。ウッドデッキはどこからでも上り下りができ、どこでも座れるステップのデザインにしました。