第7回 FPの家 デザインアワード2021

投票期間 2021年1月28日(木)〜 2月26日(金)
結果発表 2021年3月15日(月)

若竹の家

パッシブ設計を取り入れた建物。HEAT20G2(UA値0.25W/㎡K)、C値0.18㎠/㎡、耐震等級3で資産価値を極限まで高めました。
家庭用エアコン1台で全館冷暖房可能。加えてスマホで温度調整可能な薪ストーブを併せて導入。
天井高さを抑え、ハイドアや吹き抜けで狭さを感じさせない工夫をしています。

南側正面に大窓を配置して冬の日射取得を期待。外付けブラインドを付けることで、夏の日射遮蔽対策も万全。
屋根の薪ストーブの煙突は外観の色に合わせて黒の角トップを採用。玄関ドアとウッドデッキ上部の天井を木調で揃えて統一感を出しました。

吹き抜けにぶら下がる丸型の照明器具がアクセント。壁と建具、バーティカルブラインドは白系、床はオスモフローリング(シルキー色)、家具や階段に黒系やグレー系の色を使ってシンプルにまとめました。
壁に付いた両面時計がお気に入り

玄関から天井いっぱいの高さのドアを開けて室内に入ると、スマホアプリで温度管理ができる最新鋭の北欧デンマークの薪ストーブ。キッチン横には観葉植物を置き、居間からの視線隠し。
薪ストーブやキッチンも家具と同系色で、統一感を演出。

食卓にはテレビは置かず家族の会話を優先。こじんまりとした隠れ家的な空間は、家族の会話とお酒も弾む。
アイランドキッチン採用で料理をしながらも、コミュニケーションはバッチリ。朝は食卓のブラインドを開けて、毎日元気に登校する地元中学生の姿を見ながらの朝食。

壁にスパニッシュタイルを採用。木目模様と丸みを帯びたテーパー仕上げが柔らかな印象。
洗面ボウルは竹を割ったイメージでマットな白がよりシンプルさを際立たせる。床をモルタル柄にしたことで、植物の緑がタイルと喧嘩せず存在感を放つ。

トイレにアクセントカラーは無し。広めの空間に小さめの観葉植物。ピクチャーレールを取り付け、絵を飾る予定も。今はまだそのイメージを広げて楽しむ期間。