さくら通りの白い家

桜並木の中に建つ白いガルバリウムの3階建て「さくら通りの白い家」。
「築6年の建売住宅を解体し、暖かく涼しい家を新築したい。せっかく建てるなら性能も意匠も良い家にしたい」というのがお施主様のご要望でした。
前面道路のロケーションを活かし、大きな開口から美しい四季の借景を取り入れた2階リビング。プライバシーを守りながら自然を身近に、季節の移ろいを日常の中に感じることの出来る特別な空間になりました。

街並みや自然の景色を損なわないよう、白くシンプルな外観デザインに。

桜が眺められる絶好のロケーションを活かしリビングは2Fへ。プライバシーを守りゆったりと過ごせるプライベートな空間です。

満開の桜、初夏の青葉、秋の紅葉、雪景色。四季を通し家族だけの特別な景色が広がります。

高断熱・高気密・計画換気の機能性を活かしたオープンで一体的なデザイン。家族のつながりを感じる一年中心地よい空間です。

会話が弾むキッチンや食卓の時間も、おうち時間を楽しくするエッセンスのひとつ。使いやすさと居心地の良さを両立すべく配色を最小限にまとめ、一体感を持たせました。

料理をしたり、くつろいだり、仕事の合間にも家の中の通りに面した窓からは美しい景色が目に留まります。

お風呂・洗面・ファミリークローゼットを直線で結んだスムーズな動線。しっかりした換気でできる「FPの家」は、室内干もよく乾き家事の強い味方です。

照明を落とした夜のシーンでは、心地よいBGMと共に本を読んだり、お酒を飲んだりと、一日の終わりのリラックスできる時間。夜桜を楽しむため外部に専用の外灯を設置。

昼間とはまた違った雰囲気が街のアイコン的な存在に。帰り道に自慢の我が家を見上げる、その時間も幸せなものとなりますように。