Obscure

一般的に環境がいいと考えられる南側には2階建ての住宅、東側には平屋のお家が既に立っていた建築地。
既存住宅の上から望む景色は抜群に気持ちが良いものとなると考え、パブリックスペースのLDKは2階リビングで計画をしました。
また、南側には窓を設けず東側の眺望を活かした空間構成とし、LDKから連続する外部デッキ空間には内部空間とのつながりと利用頻度を高められるよう屋根を設けました。

ガルバリウム鋼板とレンガという異色の組み合わせ。個性のあるデザインながら柔らかい印象を与えるために、白いタイルとシルバーのガルバリウム鋼板を採用しました。

階段を上がるとダイニング、キッチンスペースが縦にならぶ景色が広がる2階。借景の緑を最大限に活かすためにキッチンコンロを壁側にし、レンジフードが景色を邪魔しないよう存在感に配慮しました。

ダイニング、キッチン空間の先に見えるのは、屋根のある外部デッキ空間。ウッドデッキとフローリングをフラットにすることでバリアフリーに配慮し、外部と内部のつながりを強調しました。

ダイニング、キッチンスペースと隣接しているものの、少し離れた場所に計画したリビング。ダイニングは家族との談話、リビングはくつろぎの場所と用途が異なることから、若干の距離を確保しました。

キッチンの先にあるFIX連窓。勾配天井なりに制作しました。

玄関から見える2階にリビングへのストリップ階段。日常的に使用する階段となるため、印象強いデザインながらも踊り場を計画することで安全性に配慮しました。

背面食器棚の壁部分のタイル。深みのある柄がダイニング・キッチンのアクセントとなっています。

オリジナルの洗面カウンター。2人がゆったり立てる1.7mの長いカウンターです。

外観夜景。張り出した2階スペースの下部にはダウンライトを計画し、白いタイルの陰影を引き立たせました。昼間あまり目立たない白いタイルの雰囲気が一変し、違った表情を見せてくれます。

ダイニング、キッチン、は屋根なりに勾配天井となっており、大きな空間となっています。