『SDGsハウス』災害に強く人と地球にやさしいお家

お施主様の「SDGsハウスを建てたい」という希望をもとに、四国産木材の柱を採用したり、間伐材をチップにし、板状に成形した外壁を採用するなど、SDGsの17つのゴールのうち6つのゴールを達成した住まい。
平屋ならではの開放感たっぷりのリビングには、壁一面の書棚と、座って読書も楽しめる階段がアクセントに。

外壁には間伐材をチップにし板状に成形したオフセットサイディングを使用。将来を見据えスロープや芝生への井戸水での散水も計画しています。

天井まである大きな書棚やロフトまで続く勾配天井とのぼり梁で、明るく広がりのある空間になりました。

空間のアクセントにもなっている鉄骨階段は、腰かけて読書をしたり、下のワークスペースで仕事をしたりと家族がそれぞれの時間を過ごす中心になります。

長く住み続けることが出来るように、同居も見据えた明るく南に面した寝室には、間仕切り戸やトイレがあり、ライフステージに合わせてフレキシブルに何通りもの使い方ができます。

来客を案内したり、さっと横になったりできる和室には、十分な収納とお仏壇のスペースも確保しました。

カウンターと一体となった洗面所では、腰かけてゆっくりとお化粧もしていただけます。