バリアフリーというと段差をなくすこと捉えられがちですが、高齢になっても段差でつまづくことは案外少ないもの。
大切なのは、温度差のバリアフリー。
そのための高断熱高気密化であり、そこに一切の手抜きがあってはなりません。徹底的に数値にこだわり、手間隙をかけてつくり、検証し続ける。その結果、最小限のエネルギーで快適かつ健康的な温熱環境と空気環境が得られるのです。

日本人の3人に1人が脳卒中または心疾患で亡くなっています。その中でも住宅内の急激な温度差によるショック死(ヒートショック)が原因と思われる浴室内溺死が年間1万4千人もおり、実に交通事故死の3倍もの数にあたるのです。
この事実は、日本の住宅性能がいかに低いかを示す数字と言えます。
家の中のどこにいても温度差のない温熱環境をつくりあげ、家と人の健康を害すことになる「結露」の発生を防ぎ清浄な空気環境をつくりだすことこそが、健康で過ごす条件となります。

吉田兼好が徒然草で「住まいは夏を旨とすべし。」と記したのは昔の話。
高温多湿な日本の夏をいかに快適に涼しく過ごすかに主眼が置かれた家づくり。
分厚い茅葺の屋根が断熱材がわりとなり強い日射を遮り、通気性の良い土壁と計算された開口部の配置等、当時の民家には日本特有の工夫と伝統の技術が施されていたのは確かですが、冬はと言えば、焚き火や囲炉裏等で手をかざし体を寄せ合いながら、暖を採るような生活でした。
近代になり「家」がいつしか工業化され「住宅」という商品になり、夏を旨とした中途半端な家づくりが当たり前のように行われるようになりました。この状況に、いち早く手を打ったのは北国の地域工務店でした。冬の厳しい環境に左右されずに快適に過ごすため、断熱や気密の性能を高める「閉じる技術」を徹底したのです。
ところが家の性能を高めることは逆に夏も冷やした熱も逃がさないことに。地球温暖化が進み年ごとに猛暑日が更新され、異常気象が頻発する現代では家の高性能化は当たり前となりました。
 冬は日射を積極的に取り入れて暖かい熱を家自体に蓄え、輻射式暖房でわずかな暖かさを補う。夏は上手に日射を遮り風を通して、最小限の冷房で冷たい空気を蓄える。これからは「閉じる技術」を徹底的に高めながら「開く知識」も合わせた家づくりが求められています。

自然環境に負荷をかけず、さらなる省エネルギー・省CO2を。そのための性能向上、最新設備の導入、パッシブデザイン。伝統工法や地元の山の木を使おう──など、家と環境の関係への考察はあらゆる角度で行われ、それらは今後ますます重要性を増していくに違いありません。しかし、そうした技術や設計の根底に、人間の生涯における生から死への視座が内包されているかといえば、いつも混乱します。
家族の数だけ家のかたちがあり、暮らしの営みがあります。施主の暮らしの根幹に関わる省エネ・省CO2は当然の責務として引き受け、個々の暮らしに寄り添い、可変的な暮らしを見極め設計する人的なエネルギーが必要とされているのです。そうした家づくりは、大量生産・規格化を前提としたハウスメーカーでは為し得ないものであり、性能特化に秀でた地元工務店だけが担うことのできる役割ともいえます。
次世代を見据えた生活のディテール全般を支え、より快適に、健康的な生活環境に導く生活者の「僕(しもべ)」に徹した地元工務店の姿勢が評価されるのは、30年、50年後ではなく、いままさに目の前にあるのではないかと思っています。

  • オープン空間の明るいリビングダイニングには、アイランド型の対面キッチンを。奥行き950mmタイプだと収納スペースを充分に確保でき、テーブルトップも広く思う存分料理が楽しめます。キッチンもインテリアの一部として面材や色をコーディネートしてみましょう。家族の笑顔が集うコミュニケーションキッチンが完成します。

  • お気に入りの家具を選ぶのも家づくりの楽しみのひとつです。最近では、家具から考える家づくりを行う方も増えてきました。何世代も受け継ぐことができる家と同様に、永きにわたり使うことができる本物の家具を選んでください。張り地を時代に合わせて着替えながら、一生ではなく世代を超えて愛される家具を。
    「家族暖段」では家づくり計画の初期段階から家具のご提案と資金計画を差し上げています。

  • ホームシアターを楽しんだり、友人を呼んでホームパーティーを開いたり。外に出かけるよりも家にいる方が断然に楽しい。
    そんな家遊びの達人を目指してみませんか?

  • 階段の踊り場から上がることができる中2階に高さH1,400mmの収納スペースを取りました。スーツケースやパパのゴルフバッグ、こどもたちのオモチャ等なんでも収納できちゃいます。中2階収納庫の上には寝室から一段上がった所にウォークインクローゼットを設けています。

  • 休日の夜にコージーコーナーでゆったりと読書したり。贅沢な寛ぎの時間をどうぞ。

    階段の踊り場のワークスペースはとっておきの場所。家族みんなで取りあいになるかもしれません。

Copyright(C) 2013 FP-GROUP All Rights Reserved.

PAGE TOP