デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

暖房費を節約して寒さを我慢
していませんか?

 

京都府 K様

家が暖かくなり、しかも光熱費が半分に。

オール電化にしたおかげで、ガス代が要らなくなりました。光熱費が建て替える前の約半分になったのに驚きました。家計への負担が減り、楽になりました。冬になってもエアコン一台で3部屋の暖房をおこなってます。
冬は寒くないし、それが一番良いところです。温度が一定だから寝やすく、前の家は寒くて寝れなかったが、建て替えてからは寝やすくなりました。今の家は朝起きて廊下を歩いても冷たさを感じず、暖かい感覚があるのでさわやかです。

光熱費はゼロ、満足度は花マルの120点!

家づくりでこだわったのは、光熱費をゼロにすべく、4.2kWの太陽光発電システムを設置したことです。6人家族であることも考慮して、一般家庭用より規模の大きいものを選択しました。その結果、エネルギー効率が良いこともあり、冷房のピーク時でも電気代は1万5千円以下。電気使用量を太陽光発電でまかなえるだけでなく、多い月には売電分が1万円くらいバックになることも。家計は大助かりです。電気料金の明細書は使用分、売電分と2枚届くのですが、それを見るのも毎月の楽しみです。

静岡県 T様

快適さに加え、経済的。予約待ちの名簿ができるほど

もともとは本州から来る従業員のために建てたアパートでしたが、アパートにお住まいの方からは夜遅く帰宅しても寒さを感じることもなく、真冬に何日か家を空けても水道が凍結する心配もないと、入居者はみなさん本当に喜んでいます。オール電化にもかかわらず、ご家族の場合でも夏場で7,000円~8,000円、冬場でも20,000円以下。光熱費を比較すると、同じ条件のFP以外の物件で灯油・ガス・電気を使用した場合の、約半分ほどで済むのも入居者の方にご支持をいただいている要因でしょうね。

北海道 S様

太陽光発電を取り入れた「FPの家」で思い通りの省エネ暮らし

“こだわりの省エネポイント”は、太陽光発電システムを取り入れたこと。
電気料金の値上がりなどインフレを見越して試算すると、減価償却(元を取るため)の年数も短縮できるだろうと考え、太陽光発電を採用することで、オール電化にしても、アパートの時より今の方が電気料金はかなり安く済んでいます。毎月、数千円ですが、売電分(発電した電気から使った分を差し引いた電気)のお金が通帳に振り込まれるのが楽しみです。

北海道 S様

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介