デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

冬になると結露で窓枠に水たまり…
押入れにもカビが…

 

奈良県 Y様

断熱・計画換気ですごく違いますね

家内が膠原病で、前の家では血行不良で指先の方が凍傷のような症状になることもありました。真冬になると朝は5℃くらいになり、窓には結露の氷がびっしりつくくらいでした。 「FPの家」なら、そういう事がかなり解消されると聞いて建て替えを決意しました。 実際建て替えた以降は凍傷などの症状はほとんど無くなりました。また、前の家ではストーブをたくと結露が発生し、押し入れの中はぴちょぴちょになったり。今は全くありませんね。

心の底で待っていた!? FPとの出合い

「FPの家」の完成見学会を訪れて最も魅力と感じたのは、「湿気がない(=結露がない)」こと。以前住んでいた官舎ではひどい結露に悩まされ、押し入れの布団や衣類にはカビが生え、引越の際にほとんど処分しました。今はそんな心配は一切ありません。友達が遊びに来ると『この家はあったかくて本当に住みやすい、いい家だよね』とみんな言うんですよ。10数年を経過した現在の住み心地も、『素晴らしい』の一言ですね。外観も室内も新築当時と変わらないほどきれいな状態なので、周囲には「もうそんなに経ったの?」と驚かれます。

北海道 T様

想像以上に住み心地のいい家でした

以前の家にはサンルームがあり、たくさんの植物を育てていたのですが、冬の夜はストーブで部屋を暖めても、朝にはガラスがガリガリに凍りついてカーテンが開けられないほど結露がひどかったんです。でも、この家には結露は一切ありませんからね。幸いなことに家族はみな健康で、私自身はいま毎朝6時半にゴルフの打ちっ放しに出かけています。同年代の仲間に比べると一番元気で、どこも悪いところがないのが自慢です。このように健康でいられるのも『FPの家』のおかげ。

宮城県 N様

あれほど悩まされた結露が嘘のように。

新築検討を機に、「外気を遮断でき、気密性の良い家に建て替えたい」と考え、息子が調べるうちに「FPの家」を知り、滋賀県内の工務店をインターネットで探し当てました。入居した今は気密性や保温性に優れていることを実感します。特に離れにある母の部屋は「FPの家」ではないので、廊下に出たとたん暑さ寒さに閉口します。湿気の多い環境なのに、今は結露もまったくありませんね。住まいとしてはもちろんですが、大勢の人が集まる場所に、FP工法は最適です。できれば地元の公民館もFP工法で建ててほしいですわ。

滋賀県 T様

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介