人が、あたたかい。

子どもたちの空間

am 11 : 00

今日は朝から曇り空でお天気が良くない。
ふと窓の外に目をやると、庭の紅葉が大きく風に揺れている。あ、これは・・とググって出てきた「木枯らし」の文字。もうすぐ冬かぁ・・と感慨深げに外を眺めていると、子供たちの威勢のいい声が2階から聞こえてくる。

小さいうちは個室ではなく広い部屋で思いっきり遊ばせたいという私の要望に工務店さんが答えてくれて実現した2階ホール。他の工務店さんでは寒くなるから止めたほうがいいと言われたが、1階となんら変わらない室温で足元だって冷えを感じない。上質な空間が出来た。

「FPの家」ビルダー は、壁や柱で空間を仕切る間取りだけではなく、それらを必要としないゾーニング計画をするができます。そうすることで通路やドアが必要無くなり、広さに対する感じ方を計画する事ができます。

それを可能にするのは「FPの家」が、快適性能を維持したまま、自由にレイアウト計画できる構造 になっているからです。