FPの家

人が、あたたかい。

うちと外。

pm 0 : 00

太陽が真上から照り付ける12時。蝉の大合唱も一段と強く聞こえてくる気がする。

ここ数年、最高気温が更新されているほど暑くなり、天気予報のコーナーでも「熱中症にご注意を」と呼び掛ける日が続く。実際、救急搬送される方も増えていて、発生場所はなんとダントツで住居が多いという。
高断熱・高気密のわが家は、照り付ける太陽も、外気温の影響も受けることなく快適に過ごすことができるけれど、友人のお家は上階になればなるほど暑くなるそうだ。

家の環境は、そこで暮らす家族の健康を支える大きな役割を持っているんだなと思うと、このお家に本当に助けられている。ありがとう。

「FPの家」は、屋根にも屋根専用の断熱パネルを使用 しているので 通常温度が上昇しやすい小屋裏も有効的に活用することが可能です。徹底した温度管理と24時間換気システムにより、温度の平均化ができるため、吹き抜けの大空間も玄関もトイレもお風呂も小屋裏も一定の温度を保つことができ、家の中どこでも快適に暮らすことができます。

他にも 家庭用保冷室「COLM neo(クルム・ネオ)」を用意しているので、食品などを貯蔵するためのスペースを作ることもできます。