人が、あたたかい。

本当の火の温もり

pm 8 : 00

小さい頃どこの家に行っても、よく見かけた薪ストーブを今はあまり見る事ができない。そもそも煙突のある家もほとんど見なくなった。

小さいころ慣れ親しんだ、ストーブの火がどうしても忘れられず、その思い出をプランニングの時に話したら、薪ストーブを焚くことができるようにしてくれた。
今の家は「オール電化」とか「省エネ住宅」とかいうから、勝手な先入観でできないものと思っていた。

火には熱だけではなく、視覚的にも暖かさを感じさせる力があると設計の人から教わった。
それを知ったせいか、小さい頃よりも薪ストーブの火に温もりを感じる。

「FPの家」はしっかり気密施工 しているので、計画的であれば躯体性能や住宅性能に影響なく、安全に薪ストーブやペレットストーブを設置・使用することができます。

「FPの家」ビルダーは、こうした住宅設備の知識や施工方法にも長けていて、こうした想いを実現することができるのも、「FPの家」ビルダーの施工力と空気と熱に対する知識と経験 が豊富だからです。