デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

よくあるご質問 Q&A

HOME > よくあるご質問 > ロフト(屋根裏・小屋裏)は断熱性の面であまり良くないと聞きました本当でしょうか?

FP工法についてのご質問

ロフト(屋根裏・小屋裏)は断熱性の面であまり良くないと聞きました本当でしょうか?

ご質問のロフトのある家は、屋根自体に断熱材が使用されています。小屋裏断熱には、天井断熱と屋根断熱があり、天井断熱は、二階(平屋建ては一階)天井に断熱材を吹き込んで断熱性を高める方法で、小屋裏断熱されていないので外気に近い条件になります。逆に屋根断熱は、屋根材の下に直に断熱材を組み込んで屋根まるごと被ってしまう方法です。屋根は、自然環境に一番影響を受ける部分なので断熱施工が難しいとされてきましたが、今年屋根断熱の技術改良が格段に進歩し、小屋裏を利用した設計が容易になっています。それによってロフトや屋根までの吹き抜けなど、広々とした空間が生かせるようになってきました。

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介