デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

よくあるご質問 Q&A

HOME > よくあるご質問 > 「FPの家」が耐震性に優れていると言われる理由を教えて下さい。

耐震についてのご質問

「FPの家」が耐震性に優れていると言われる理由を教えて下さい。

今、多くの人が住宅に求める性能のひとつに、耐震性能があります。特に阪神大震災を大きなきっかけに東日本大震災以降、更に関心は高くなり、「家族を守る器」が強く求められています。どちらの震災も多くの家が倒壊し、人を守るべき家が凶器となり、被害を拡大させてしましました。

「FPの家」は丈夫なウレタン断熱パネルを組み合わせるFP工法を採用し、住まいに加わる外部からの力(荷重)に対して非常に高いレベルの耐久力があります。

FP工法で使用しているウレタン断熱パネルは30tにも及ぶ強い圧力をかけながら硬質ウレタンを木枠内に充填させ一体成形するため、非常に密度の高い堅牢なパネルになります。この断熱性・耐久性に優れたパネルを建物の躯体に組み込むことで、壁構造そのものになり、壁全体で地震の振動エネルギーを受け止めるので地震の力が集中せずに分散され、一般の工法より強い剛性を備えた建物ができあがるのです。

また、木はある程度変形しながら力を逃がしていく性質を持っていますが、鉄やコンクリートは変形しない為、大きな力に押されると突然破損してしまう恐れがあります。これは重い建物ほど揺れやすく、地震の力を受けてしまうからでもあります。

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介