デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

よくあるご質問 Q&A

HOME > よくあるご質問 > 断熱材は他社と比較してどのような点が優れていますか?

断熱についてのご質問

断熱材は他社と比較してどのような点が優れていますか?

「FPの家」で使用しているFPパネルは、断熱性の高い
【硬質ウレタンフォーム】を使用しています。

他社で使用している主な断熱材と、そのFPパネルで断熱力(使われる断熱材の厚さを熱伝導率で割った数値で数値が高い程断熱力がある)を比較すると、断熱材として一般的な【グラスウール】は2.22、【ポリエスチレンフォーム】は1.25に対して【硬質ウレタンフォーム】は4.37となっており、断熱性能が圧倒的に高いことがわかります。

断熱性について詳しくはこちら

経年劣化についても、【グラスウール】は一度水分を吸収してしまうと、断熱性能や気密性が低下したり、土台が腐敗する原因にもなりますが、【硬質ウレタンフォーム】は吸水率が非常に低い為、湿気にも強く、ほとんど経年変化が見られません。

「FPの家」はFPパネルを建物に組み込むことで壁構造としての強度も発揮しており、力学的見地から壁倍率で比較してみると、当社の実験値では一般の軸組工法は2.0なのに対し、FP工法は3.4と、約1.7倍以上の強度があることが実証されています。
また、【硬質ウレタンフォーム】の発火温度は木材とほぼおなじ400℃前後で製造時に混ぜる難燃剤には自消性があり、壁内部に酸素が送られず、燃え進みにくい構造になっています。

断熱・気密性を保つことはもちろん、耐震・耐火の観点からも、【硬質ウレタンフォーム】の高い性能が家づくりに有効であることがわかります。

耐震構造について詳しくはこちら

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介