玄関もキッチンもお風呂も、すべて2つずつの「完全分離型タイプ」。ひとつ屋根の下で暮らす安心感を持ちながらも、生活の動線が交わらない、完全に独立した暮らしを送ることができます。たまには家族そろって晩ご飯を一緒に食べたい、という希望がある場合は、家族みんなが集まれるスペースを設け二世帯で暮らすよさを味わうこともできます。それぞれの生活を尊重しながら家族としての絆を大切にする家づくりをしたい方に選ばれています。

LDKと玄関をそれぞれ2つずつ設置することで、お互いの家族が気兼ねすることなく自由に暮らすことができます。南側と東側に位置をずらした玄関は、それぞれのお客様や家族の鉢合わせを防ぐとともに、宅配便の受け取りなどライフスタイルの違いにも対応。2つの玄関ドアが並ばず、一見二世帯住宅に見えない外観ですっきりとした印象に。お互いの家族が行き来できるドアも設置し、ほどよいつながりを可能にします。

昼間仕事に出ている子世帯家族の家事はどうしても夜にやることが多く、親世帯は昼間に家事を終わらせ夜は早く休みたい、と考えている方が多いようです。家族とはいえ生活音はストレスの原因にもなるので、家づくりをする際には初期段階から考慮したいところ。それぞれの暮らしを自由に描く完全分離型なら、水廻りも2つに分けるので、遠慮しがちなお風呂タイムや洗濯なども気兼ねすることなく暮らすことができます。