デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

HOME > 「FPの家」とは? > FP工法と構造について

FP工法と構造について construction method and structure

まるで魔法瓶のような住まい

夏涼しく、冬暖かい。いつでも、どこでも、年中快適な理由。

人が健康で、快適に暮らすことのできる環境は、夏で26~29℃、冬で19~22℃、湿度は40~60%くらいといわれています。
私たちの住む日本は南北における気候の違いは大きく、どの地域でも自然のままの快適な温度で過ごせるのは、1年のうち数ヶ月しかありません。
このように夏の暑さや冬の寒さなどに影響されることなく、1年を通じて快適な環境を保てる住まいをめざし、「FPの家」は生まれました。
独自のウレタンパネルにより優れた断熱性と気密性を発揮することに加え、FP遮断パネルが高い遮熱性も実現。
全国のみなさまに快適な暮らしをお届けしています。

 


特許を取得したFP遮断パネルを使用

真夏の直射日光による太陽熱は、最上階の天井裏で断熱されるのが従来の方法でした。
これに対して、屋根面そのものに遮断と断熱効果をもたらせるのが、「FP遮断パネル」です。
2層の通気層を持つアルミ遮断シートとウレタン断熱パネルを組み合わせ、その複合効果で屋根の蓄熱を大幅カットする構造となっています。

 

3面アルミ箔で日射熱を反射 2層の通気層から排熱。

夏涼しく、冬暖かい。
屋根で変わる省エネ・快適空間。

従来の工法

最上階の天井裏で断熱されている。

FP遮断パネル

屋根面そのものに遮断と断熱効果をもたせ、通気層をもつ遮熱シートとウレタン断熱パネルを組合せ、複合効果で屋根の蓄熱を大幅カット。
※屋根断熱については、異なる断熱材の場合もあります。

FP遮断パネルを使用した場合
FP遮断パネルを使用しない場合

比較すると17.2度も違います。
※[条件]通気層風速:0.2m/s 照射熱量:800W/㎡ 外気温:31.5℃ ※(財)建材試験センターによる試験データ

 
理想の室内空間設計が実現

理想の室内空間設計が実現

ロフトや吹き抜けも可能、部屋のすみずみまで快適空間。

太陽熱が屋根面で遮断されるので、小屋裏の空間がなくなり、そのスペースがロフトや吹き抜けとして生かされます。大きな吹き抜けをつくっても遮断パネルとFPウレタン断熱パネルで囲まれた「FPの家」なら、快適さは維持されます。また、狭小な土地や建物の高さが制限される地域でも室内空間にゆとりを持たせ、設計にも広がりをもたせます。


「FPの家」独自のウレタンパネルを使用

「FPの家」のFP軸組工法とは柱と梁で構成された構造体に「FPパネル」を組み込む、独自の工法です。
断熱材としてだけでなく、地震や台風など外部の力から家を守る構造材としての役割も果たしています。

 

強度・耐久性・優れた耐水性能

強度・耐久性・優れた耐水性能
「FPの家」の壁構造

「FPの家」独自の軸組工法。柱と梁にFPパネルを組込み、優れた強度と耐久性を実現しました。断熱性能は繊維系素材(グラスウール)の約2倍。耐久性と耐震性も向上し性能劣化がほとんどみられません。

湿気を通さないから結露がない。
つまり、腐ることなく性能劣化がほとんどありません。
優れた「耐水性」

優れた「耐水性」

硬質ウレタンは独立気泡構造のため、水分や水蒸気の浸入に対する抵抗が強く、吸湿による断熱性能の低下がほとんどありません。 JIS A9511(2006R) A種硬質ウレタンフォーム保温材2種2号では、特性として吸水量3.0g / 100c㎡以下、透湿係数(厚さ25mm 当たり)40ng /(㎡・s・Pa)以下であると表示されています。「FPウレタン断熱パネル」はこの特性を満足しており、さらに25mm の厚さを上回る105mmのパネル厚みを全国基本仕様としているため、より以上の耐水性が得られることになります。従って、壁体内結露が発生することがないのです。

壁体内部「無結露50年保証」の家

壁体内部「無結露50年保証」の家
だからできること

高断熱・高気密の壁体内部『無結露50年』保証の家は、一年を通じて春のような爽やかで快適な室内を実現します。
温度や湿度が心地よく保たれ、空気が常にクリーンなため、体調が維持しやすく、健康的な住まいづくりが可能になります。
また強固な構造と結露の発生が抑えられる効果で、柱や梁が長持ちし、いつまでも頑丈な住まいを実現することができるのです。

▶ 経年劣化ゼロ

業界初!FPウレタン断熱パネル

業界初!FPウレタン断熱パネルが
壁倍率大臣認定を取得

FPウレタン断熱パネル(筋交いなし壁パネル)が壁倍率2.1倍の国土交通大臣認定を取得しました。耐力面材や筋交いのないパネル枠と一体成型された硬質ウレタンフォームが主耐力として認められた壁倍率大臣認定は、※業界初となります。※当社調査による。

▶ 地震・火災から家を守る

独自のウレタン断熱パネル

独自のウレタン断熱パネル使用

ウレタンフォームを注入発泡し30トンの圧力で木枠と一体成型した硬質ウレタン断熱パネル。断熱材だけでなく外部の力から家を守る構造材の役割を担い、湿気を外部に逃がし腐朽を防止します。

冷蔵庫と同素材の断熱材パネルの厚さは105mm。
断熱力が違います。※他の厚さもあります。

▶ 光熱費ゼロ

優れた「断熱性」

断熱材の性能はそれぞれの素材の熱伝導率によって表されますが、実際に使用される場合には材料の厚さも問題になります。実際の効果を比較する際には、断熱材の厚さを熱伝導率で割った数値である「断熱力(熱抵抗値)」を用います。硬質ウレタンフォームの熱伝導率は0.024W/mKであり、FPウレタン断熱壁パネルの標準厚105mmの場合では断熱力が4.37となります。グラスウール100mmに比べ約2 倍もの断熱性能があることがわかります。

優れた「断熱性」

他の断熱材との断熱力の比較

比較

徹底した気密施工

徹底した気密施工

施工プロセスから気密にとことんこだわっています。

現場で組み込まれたFPウレタン断熱パネルは、さらに気密テープによって密閉されます。パネルと柱・梁との接合部はもちろん、窓などの開口部にも貼られ、徹底した気密対策が図られます。


ときに柔らかく、あるときは固く
「FPウレタン床パネル」

床が支える荷重としては、構造材や仕上げ材自体による固定荷重と人や家具などによる積載荷重とに分けられます。
日常生活や地震などの外力にも安全であり、長期的な耐久性を備えることはもちろん、ピアノを置くなどの場合はさらに補強されます。

 

3面アルミ箔で日射熱を反射 2層の通気層から排熱。
足

性能の高さと快適さが
足元から直に伝わります

「FPの家」の床材は断熱効果に優れ熱を逃がしません。足元はやわらかく人に優しい床材、もちろん強度や耐久性も長期で備え地震などの外力にも安心です。

冬のフローリングは冷たいのが当たり前と思っていませんか?FP床パネルなら床を1年中自然な温もりに保つことが可能です。
※床断熱については、異なる断熱材の場合もあります。

FPウレタン断熱パネルが出来るまで

建物の寸法に合わせて一枚一枚丁寧に工場で製造された「FPウレタン断熱パネル」。

 
FPウレタン断熱パネルが出来るまで(1)
Step 01
FPウレタン断熱パネルの木枠に使用する、良質な木材を選別。
FPウレタン断熱パネルが出来るまで(2)
Step 02
縦材と横材を釘で結合しウレタン注入用木材を作る「フレーミング」作業。
FPウレタン断熱パネルが出来るまで(3)
Step 03
木枠材の両面にクラフト紙をタッカーで留めて貼り合わせる。
FPウレタン断熱パネルが出来るまで(4)
Step 04
パネル木枠がプレス機に並べられ、圧力をかけウレタン注入の準備。
FPウレタン断熱パネルが出来るまで(5)
Step 05
季節や温湿度により原料の配合をデジタル制御しウレタンを注入発砲。
FPウレタン断熱パネルが出来るまで(6)
Step 06
完成したパネルはプレス機から取り出し乾燥、表面処理、寸法検査を行う。

▶ 工場見学

このページの内容をもっと知りたい方に、おすすめのカタログはこちら!

 

このカタログのご請求はこちら

 

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介