人が、あたたかい。

企業様へ会員募集のお知らせ

全国10地区を結ぶ連携プレーで強力なバックアップ体制を築いています

「FPの家」は注文住宅「FPの家」を施工する地域の工務店や住宅会社からなる組織で、全国10地区に区分され、地区役員・販売情報委員・施工技術委員によって構成されています。
全国の地区代表者で組織される全国役員が、全国のベースとなる基本方針や目標・事業活動内容の方針を決定します。各地区は、全国の基本方針に基づき、地区の方針を決め、具体的に活動します。

全国10地区を結ぶ連携プレー

「FPの家」活動と役割

全国役員会

●「FPの家」のビジョンの伝達、全国活動方針および目標の策定
●統一商品ブランドの推進、広報・販売活動の確立、営業力の充実を図る。
また、インターネットを通し、図面提供・情報交換等を行い、会員のレベルアップを推進。ホームページやメールマガジンによる広報活動および顧客囲い込みを図る。
●技術・知識の向上、品質管理の徹底、性能の明確化を図る。

会員の年会費や事業分担金で運営。
入会金・ロイヤリティはありません

「FPの家」は、会員の繁栄と発展に必要な事業を行うことを目的とし、グループの運営や注文住宅「FPの家」普及活動費は、すべてFP会員の年会費、事業分担金によって賄われるオープンな組織です。
なお、年ごとの事業計画によって、事業分担金の負担額は変わることがあります。

「FPの家」活動と役割

バックアップ体制

工務店の技術力・営業力アップを目指すため、教育研修を実施します

  • 営業研修会

    「FPの家」の「販売情報委員会」が中心となり、「FPの家」の営業ノウハウをしっかりと身につけるための営業研修会を全国各地で随時行っています。

  • FP技術研修会

    「FPの家」の会員には、技術資格制度が適用され、施工・技術指導と検査、気密測定などが義務化されます。講習は毎年定期的に行い、試験に合格した方だけが「FP技術指導員」として認定されます。

  • 性能講習会

    「FPの家」の「施工技術委員会」が中心となり、全国で開催しています。講習会では熱損失、熱負荷、換気、風力、日照、遮蔽などの勉強を行い、会員の技術レベルの向上を図っています。

お客様の共感や理解を深め、営業活動を強力にサポートします

お客様が性能を実感できる
「工場見学会」を実施しています

工場見学会では、全国に4カ所ある「FPの家」の直営工場を見学できます。
見て・触れて・体感できる「体験コーナー」や「実演コーナー」を設け、結露のメカニズムや代表的な工法の比較、強度実験、断熱性能、気密性能、遮熱性能などを紹介します。

「全国一斉工場見学会」

「FPの家」グループ運営会社

社名

(株)FPコーポレーション

所在地

札幌市東区北42条東15丁目1-1

資本金

400百万円

設立年月日

平成21年3月5日

代表取締役社長

前川 康雄

主な事業内容

FPパネル製造販売事業、注文住宅事業

「FPの家」真実の証言

「FPの家」に実際携わる「FPの家」ビルダーの生の声をお聞き下さい。

  • 先進的工務店

    探究心旺盛な建築家社長が顧客からもFP会員からも信頼を集める先進的工務店

  • 自社のブランドを確立

    工務店らしさを追求する徹底したこだわりと柔軟な発想で自社のブランドを確立

  • 『KUDO STYLE』を確立

    「愛着」と「感動」を与える工務店日本一を目指し行列のできる『KUDO STYLE』を確立

  • 本物の家づくり

    大工のこだわりを活かせる「FPの家」と出会い、仲間と競い合いながら本物の家づくりに取り組む

企業様向けQ&A

加盟店になる条件は?

入会資格に関しては、(株)FPコーポレーションによる決算報告審査や面接審査などの入会審査があり、これをクリアーした上で、かつ、地域のグループ会員の合意を得られる企業であることが条件となります。
また、各地域の人口や世帯数により会員数を限定しています。
詳細につきましては、本サイト、あるいは最寄りの(株)FPコーポレーション事務局(営業所)へ お気軽にお問合わせ・ご連絡下さい。

「FPの家」加入について、入会に必要な費用は?

入会に必要な費用は「事業促進費」+「年会費」と「地区事業費」になります。

「事業促進費」は、販促計画や技術レベルの向上を図る為の活動計画等、全国的に実施されるものに活用され、各地区レベルで行う販促計画や勉強会等に関しては、「年会費」と「地区事業費」により運営されています。

尚、「事業促進費」は12万円/年となり、「年会費」と「地区事業費」は地区ごとに活動計画や内容が違うため金額が異なります。
※ロイヤリティ・入会金は一切かかりません。