FPの家

人が、あたたかい。

天井裏の断熱材の安全性と耐久性は?

「FPの家」では、一般的に天井裏の断熱材にセルローズファイバーを使用しております。セルローズファイバーの原料は、リサイクルの古紙を100%使用し、限りある資源を有効に活用できる素材です。これは、天然の木質繊維のことで、1本1本の繊維の中に空気の粒があり、さらにその繊維がからみ合うことで、より多くの空気を含むことができます。そのため、熱や音を伝えにくく、天井の上に隙間をつくることがないので、熱を外に逃がさないという効果があります。またセルローズファイバーは、空気を吸収したり放出したりするので、住まいの敵である結露を未然に防ぎ、建物の寿命を大幅に伸ばす特性があり、断熱材として必要な特殊処理(難燃性、撥水性等)も施しています。メーカーにより異なりますが、ホウ素系薬品を混入し防燃処理を施してあるので、万一火災が発生しても延燃を防ぎます。また、有毒ガスの発生がないので人体に悪影響のないものが主流です。さらに、撥水性の加工により、ネズミの巣や害虫のエサにならず、また雑菌の発生なども防止します。「室内に入ってこないか」という質問では、ポリフィルムでセルローズファイバーをカバーしていますので、老朽化しても落ちてくる心配はありません。最近では、紙箱等の古紙の有効利用を促進するために、古紙を粗砕・解繊してセルローズファイバーにすることにより、アスファルト舗装配合材や農業用マルチ等の新しい用途を開発する研究も進められています。