FPの家

人が、あたたかい。

結露を防ぐために「FPの家」はどんな対策をしていますか?

結露を防ぐためには室内よりも先に、目に見えない壁の中(構造体) にしっかりとした施工を施さなければなりません。「FPの家」では、湿気や水分を極めて吸収しにくい硬質ウレタンを使用し独自に開発した「FPウレタン断熱パネル」と呼ばれる断熱材を採用しています。
このパネルを柱の間にはめ込み、湿気の侵入を防ぐ透湿防水シートを貼ったうえで空気を循環させる「通気層」を設けています。更に開口部廻りの一部や床の配管部分、外へ貫通する隙間にウレタンを吹き込んだ後にテープを貼る等し、徹底した気密対策を図り湿気の侵入をシャットアウト。住宅の隙間は施工者の技術と知識で減らすことができます。

結露の発生条件と「高断熱・高気密・計画換気」には強い関係性があります。そのため、完成後には「気密測定」と「風量測定」を実施し、しっかりと施工されているか調査しています。

●気密測定
先述した施工がしっかりと施されているか、家全体の隙間を調べるのが気密測定です。国の基準を大幅に上回る数値を合格ラインとする徹底ぶりで、季節ごとに変化する外の空気や湿度の侵入を防ぐことが室内結露を抑制するひとつであることから全棟でこの測定を実施しています。

●風量測定
結露は端的に言えば大きな温度差から生まれるため、外気温の影響を受けず室内温度が一定な環境にあることがベストです。その働きを促すのが「計画換気」です。
高いレベルで気密が施された家だからこそ室内の空気を計画的に循環させることが可能となりますが、「FPの家」では気密を徹底的に高め、この働きが正常に機能しているのかを検査したうえでお引き渡ししています。

関連ページ:FP工法と躯体性能 FPウレタン断熱パネル