FPの家

人が、あたたかい。

耐震に関して、「FPの家」ならではの特徴を教えてください。

様々な設備を投じ、いくら耐震性能を高めても、柱や壁が劣化、腐朽してしまってはその効果も発揮されません。その点、「FPの家」は見えない壁の中に十分に考えられた結露対策が施されているので、劣化に強く、いつまでも変わらない強さを維持することができます。結露を防ぐことは、家族を病気だけでなく、地震などの災害からも守る重要なポイントとなるのです。

既に築後30年近く経過したいくつかの建物の解体、あるいはリフォーム現場で実証済みですが、「FPの家」は経年変化も性能劣化も少ない高耐久の証として、壁体内(FPウレタン断熱パネルの素材内部)について50年間にも及ぶ“無結露”を保証しており、長きに亘り耐震性能が衰えることはありません。

関連ページ:FP工法と躯体性能 FPの家が選ばれている理由