FPの家

人が、あたたかい。

目に映りにくい省エネの効果について具体的な例はありますか?

省エネには「断熱」「気密」「換気」など、目には見えない部分が重要になります。この3つの性能が揃って高いレベルで備わっていないと調節した室温が失われ、適温を保つ為に無駄な「冷暖房費」がかかったり、結露によってカビやダニなどのハウスダストが発生し、健康被害を被ることも考えられ、必要以上の「治療費や通院費」がかかってしまいます。
また、住宅に目を向ければ、断熱材が湿気の影響を受けた場合、性能が劣化してしまうため、その「修繕費」さえも負担に。一例を上げてもこのように様々な費用が余計に覆いかぶさってくるという訳です。

高性能住宅は建築費が高くなりがちですが、その後の生活にかかる光熱費や維持費に加え医療費などを総合的に考えると、高性能住宅のほうが経済的であるケースが少なくありません。