FPの家

人が、あたたかい。

「FPの家」の断熱性が光熱費に与える影響を教えてください。

断熱性が低い住宅では壁や天井・床などの各部位から逃げる熱量が多くなります。併せて必然的に気密性も下がり、家の隙間が増えることからせっかく調節した室温が知らず知らずに失われ、適温に戻す為に「冷暖房費」がかさむ結果を導いてしまいます。

高性能住宅である「FPの家」は、冬場は高い断熱性と気密性で室内の熱を逃がさず暖房を抑えることができ、夏場は加えて日射遮熱することにより外の熱を家に入りにくくし必要以上にエアコンの設定温度を下げなくても快適に過ごすことができるようにします。
また、優れた住宅性能を有することから24時間計画換気(給気口から新鮮な外気を必要なだけ計画的に取り入れ機械によって強制的に汚れた空気を排出)が高いレベルで運転できるため、エアコンや暖房機器一台で家中ムラのない均一な温度にすることが可能となります。

太陽光発電と併用すれば光熱費がゼロ、さらには売電することでプラスになることも。建ててしまうと見ることのできない断熱材を含めた壁の中の構造こそ、日々の光熱費に与える影響が一番大きいと言っても過言ではありません。

省エネについて詳しい比較グラフはこちら