FPの家

人が、あたたかい。

シロアリの被害が不安です

建物に害を与える主なシロアリは、ヤマトシロアリとイエシロアリです。
ヤマトシロアリは、風呂場、台所、洗面所、便所などの水を使う場所や、雨漏りがあったり、排水のよくない場所の湿っている木材を特に好んで加害します。それに比べ、イエシロアリは、木材が乾いていても食害しますので、被害は広範囲に及びます。
また、建物ばかりでなく樹木や木柱のほか、家具、畳、衣服、などを加害し、コンクリートでも穴をあけて侵入し、内部の木材を食い荒らすこともあると言われています。ウレタンだから好んで食い荒らすといったことはありません。
概ねシロアリは空気が入ってくる事を極端に嫌う為、風にさらされ乾燥している状態だと被害は多少なりとも防ぐ事ができるものと思われています。
そういった点では湿気の少ない環境が得られるうえに蟻道が確認しずらい外断熱ではないという事からFP工法にはメリットがあるかもしれません。
現在行政の指導では、通気層をもった工法の場合、薬剤処理をしなくても良いということに加え、環境や健康を配慮する方が増えたため、現在、FPウレタン断熱パネルには通常薬剤処理はしておりません。敢えて薬剤処理をしてほしいというご要望がある場合のみ対応しております。
また、FPウレタン断熱パネル以外の木材については、個々のFP会員(施工工務店) でそれぞれに対応しています。