FPの家

人が、あたたかい。

喘息を持つ家族がいます。「FPの家」ではそういった症例やご相談をされる家族はいらっしゃいますか?

多くのお客様から住宅での健康改善についてのご相談をお受けします。例えば、ある施主様はお子さんが小さいころ喘息持ちで、朝晩に吸入器を使い、夜中に咳がひどくなって救急病院に連れて行くことほどひどかったのですが、「FPの家」に引っ越してからは、吸入器を使うことも、学校を休むこともなくなり、スイミングスクールに通うなど、元気なアウトドア派になったそうです。

上記は一例ですが、喘息の他にリュウマチやアレルギー等の改善のために住宅の研究をし、「FPの家」にたどり着いたとおっしゃっていただけるお客様が多くいらっしゃいます。家づくりのうえでの室内環境がどれほど体に影響を与えているのか、このような声を頂く度に痛感しています。

喘息が改善されたお客様の声はこちら