デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

HOME > 家は、性能だ。 > 壁内結露しない

壁内結露をゆるさない水に強いパネル

「FPの家」で使われるウレタン断熱パネルは、
水に非常に強い硬質ウレタンを使用し、さらに工場で強力な圧力をかけ成型しています。
硬質ウレタンフォームとその網の目に包まれた小さな独立気泡の集合体により、
水にも湿気にも強く、経年変化も性能劣化も少ない耐久性に優れたパネルとなるため、結露を防ぐことが出来るのです。

壁内結露はなぜ起こる?

「内部結露」は室内の暖かい空気が壁(断熱材)の内部に侵入し、水蒸気を含むことができる限界の温度を下回った場所で発生します。
この状態が長引くと、柱や土台を腐らせる原因となり、建物に必要な強度が失われてしまいます。

 
内部結露のメカニズム

内部結露のメカニズム

水蒸気を蓄えた暖かい空気は壁(断熱材)の内部に侵入します。温度が低い方に流れる水蒸気圧の性質から、冬は屋内から屋外に、夏は屋外から屋内へと移動します。この時、温度低下によって飽和水蒸気量を超えるポイントがあり、そこに水蒸気が侵入すると内部結露が発生します。
内部結露を防ぐ手段は壁の中に低温部分をつくらないこと。そして低温部分に水蒸気を入れないことです。
一般的には7℃前後の温度差が生まれると結露が始まると言われてますが、水蒸気量が多ければ多いほど水と変化する量も増えるのです。

結露は壁紙を汚し、窓を濡らすだけではありません。

目に見えないから恐ろしい壁内結露

壁内結露は現代の建築と
冷暖房が生んだ、家の慢性病。

壁内結露は建物の大敵。
そこに暮らす人間に対してはどんな影響を及ぼすのか。
川上裕司先生にお話を伺いました。

現在我が国では、アレルギー患者の数が年々増加していますが、その原因のほとんどが、
その住環境に発生するダニ・カビ・昆虫(チャタテ虫等)です。特に、カビに起因するアレルギーは、
中年以降に発生すると、悪化の一途を辿る危険性が高いので要注意です。
これを防ぐには、カビやダニが繁殖し、空気中に浮遊するのを予防することが第一。
建物内の水分は彼らの増殖にとって最高の条件となります。壁内結露が完全にシャットアウトされているかどうか?
高断熱・高気密を謳う住宅のなかにも、たとえばサッシを囲む枠の部分が湿気でジメジメしている家もある。
これは駄目です。また、水分やハウスダストを屋外へ排出するための換気システムが機能しているか?
壁内の結露を完全に妨げる設計、壁構造、施工方式になっているか?などチェックして住まいを選ぶことも大切です。
多少のコストを掛けてでも、建物自体の構造によって壁内結露をしっかり抑えこむことが重要。
そのような住宅を選べば、カビやダニの繁殖リスクを大きく減らせることができます。

川上裕司

「(株)エフシージー総合研究所」暮らしの科学部部長、博士(農学)。
(独)国立病院機構相模原病院臨床研究センター特別研究員。
生活に関わる害虫や微生物の研究を長年続けている。
また大学や国公立の研究機関と共同でアレルゲンに関する研究、学会発表を行いつつ、
新聞、雑誌などメディアでの生活科学情報の執筆、科学番組の制作協力やコメンテーターとしても活動中。

「すみごこち:vol.7(2017年月号)より抜粋」

でも大丈夫。「FPの家」だから可能にする、
無結露50年保証 ができる 理由

水に強い硬質ウレタンを使用しているから!

家計にも環境にも優しい暮らしを叶える為に必要なFPウレタン断熱パネルは、特に北海道の厳しい自然環境でその力を発揮します。1年の温度差が激しく冬は暴風雪にさらされる住宅の中で、快適な住環境を創りだすために最も重要になるのが躯体性能。その中に組み込まれるFPウレタン断熱パネルは、グラスウールなどの繊維系断熱材と比べて圧倒的に結露が少なく、家も人も長く快適に過ごすことができます。
繊維系断熱材のグラスウール(左)は吸水性が高く、時間が経過すると水中に沈んでしまいますが、一方硬質ウレタンフォーム(右)はいつまでも沈むことはありません。吸水率の低い素材を断熱材として使うことで、壁の中に結露が発生しにくく、木材を腐らせる心配もありません。

img01 時間が経過してもウレタンは浮いた状態だが
一方のグラスウールは水を吸収して沈下

img02 ウレタンで仕切られた容器の左側の水は、
中央を境に右側への侵入をシャットアウト

各種断熱材の透湿比抵抗比較[透湿比抵抗比較:m・h・mmhg/g]

品 名 透湿比抵抗
硬質ウレタンフォーム(24.9kg/㎡) 670
ポリスチレンフォーム(30kg/㎡) 600
ロックウォール(86〜400kg/㎡) 13〜16
グラスウール(16〜96kg/㎡) 6〜12

一体成型したパネルを使用しているから!

ウレタンフォームを注入発泡し、30トンの圧力で木枠と
一体成型した硬質ウレタン断熱パネル。
断熱材だけでなく外部の力から家を守る構造材の役割を
担い、湿気を外部に逃がし腐朽を防止します。
また同時に外壁とFPウレタン断熱パネルの間に設けられた
通気層と高精度の気密施工で湿気の侵入をシャットアウト
するので、水や湿気の侵入・吸収を許しません。

img03

img04

水分を弾く硬質ウレタン
透湿防水性に優れカビや腐れを防止

外壁とFPウレタン断熱パネルの間に設けられた通気層と高精度の気密施工で湿気の侵入をシャットアウト。水分の吸収はほとんどありません。

グラスウールの約2倍の高い断熱性だから!

断熱材には外の暑さや寒さをシャットアウトし、
室内の冷気・暖気をロスなく保ち続けるといった性能が求められます。FPウレタン断熱パネルは高い断熱性能で、結露の最たる原因となる室内外で生じる温度差を抑制します。

sec05_table

徹底した気密施工がされてるから!

気密とは住宅の隙間を出来るだけ減らし、家の中の空気を外に漏らさないようにすること。断熱性能と相まって結露の
発生を防ぐ力を発揮します。また、柱と柱の間に組み込まれたFPウレタン断熱パネルは、さらに専用のテープで密閉され厳重な気密対策が施されています。

img05

24時間計画換気を採用しているから!

「FPの家」は、換気の独自システムを導入し、ご家庭に合わせた計画換気を提案しています。室内に発生するホコリや
臭気をはじめ、結露の原因となる水蒸気等を取り除き、
クリーンで良好な室内環境を実現させています。

機械動力による排気と自然給気 img06

「FPの家」は主に第3種換気を採用
換気回数 0.5 回/h

水と湿気に強いから、壁体(パネル)内結露の心配無用

断熱

※経年変化も性能劣化も少ない高耐久の証として、ウレタン断熱パネルの素材内部について、50年の無結露を保証しています。

素材と施工と過去の物件から得た自信の証

高い断熱性と気密性を有する「FPの家」は、一年を通じて春のような爽やかで快適な室内を実現します。
温度や湿度が心地よく保たれ、空気が常にクリーンなため、
体調が維持しやすく健康的な住まいづくりを可能にするだけではなく、
強固な構造と結露の発生が抑えられる効果で柱や梁を長持ちさせ、
いつまでも頑丈な住まいを維持し続けます。

また、緻密な徹底施工に加え、【無結露50年保証】の保証書の発行においては、
C値(相当隙間面積)、UA値(外皮平均熱貫流率)、室内環境測定など、
全て一定レベルをクリアしなければ承認しないという高い審査基準を設け、
皆様に「安心」をお届けしています。

form
form
sec06_img03
sec06_img04
sec06_img05

上記の写真はいづれも住宅の解体現場を撮影したものです。
どちらも築20年の物件、築年数が同等ながらその差は歴然。
「FPの家」はウレタン断熱パネルはもちろん、壁内の柱や梁などの構造体や配管まわりまで
状態が非常に綺麗ですが、一方の一般住宅は、結露が木(構造体)を腐らせ、建物の性能を著しく低下させている劣化具合が見てとれます。「FPの家」なら、結露やカビの発生を防ぎ、長い年月にわたり住まいの経年劣化を抑えます。

 

20年以上

築20年以上の物件から取り出したウレタンパネルの一部。
様々な部分が新築時とさほど変わらない性能であること、
結露が発生しないことが共に実証されています。

健康住宅の「FPの家」だからこそ、3大測定を実施しています。
全棟室内環境測定、風量測定、気密測定を実施

室内環境測定

ホルムアルデヒドや、その他4種類の揮発性有機化合物(VOC)について、室内濃度の測定をお引き渡し前に実施。住む人を守る本当に健康な住まいづくりを実現しています。
室内環境測定

風量測定

完成時に全棟で風量測定を実施し、計画換気の機能が正常に働いていることを検査したうえでお引き渡ししています。
風量測定

気密測定

住宅にあいた隙間がどれくらいあるのかを測定。一定の基準値に満たなければ検証を重ね、優れたレベルであることをお知らせします。
気密測定
パンイチくんのページへ

お客様の声

家づくりで一番大切なことは何だろう体への影響と住む楽しさ、
ツクリモノではない本当の素顔。
ユーザーのホンネをご紹介。

家は、デザインだ。

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介