デザイン住宅のFPの家人が、あたたかい。
「FPの家」

お客様の声 User voice

HOME > お客様の声 > 一体感を感じられるこの空間のなかで、少しでも長く子どもたちと一緒に居たいですね。

File.26注文住宅省エネの話
一体感を感じられるこの空間のなかで、少しでも長く子どもたちと一緒に居たいですね。
兵庫県 F様
写真 File.33-1柵で目隠しされたウッドデッキは、物干しスペースとして活用。見る角度によって外観の表情が変わるのも、心憎い。

FPの性能に、和の趣を取り入れて

 兵庫県の南部に位置し、東に加古川が流れ、南に播磨灘を臨む高砂市。F様ご一家をお訪ねしたのは入居から3カ月ほどの、秋祭りを控えた休日のこと。“大のお祭り好き”というFさんのお宅では、玄関で法被姿のテディベアが、リビングでは2人のお嬢さん、菜南(ななみ)ちゃんと朱里(あかり)ちゃん(3歳)が、可愛らしい笑顔で出迎えてくれました。
以前は町内のアパートや転勤先での社宅暮らしを続けていたFさんご夫妻。いずれは一戸建てに住みたいと、かねてから住宅展示場めぐりをし、インターネットでの情報収集を重ね、その中で「FPの家」を知ったそうです。地元工務店を訪ね、空気環境が子どもの健康に良いことや、光熱費が抑えられること、部屋ごとの温度差がなく一年じゅう快適に過ごせることなどFPの良さを知り、「FPの家」を建てることを決意。OB施主様のお宅を訪問して自ら快適さを実感したことも、大きな決め手になったそうです。
ご夫妻は30代半ばとお若いものの、ご主人がかつて材木屋さんで働いていたこともあり、以前から「家には和風の趣を取り入れたい」、「子どもが自由に遊べる庭がほしい」などと話し合っていたそうで、それらのご希望もしっかりと形になっています。

親子ともお気に入りのスタディコーナー

 間取りや空間設計についても、Fさんご夫妻はさまざまなご希望を伝え、工務店とともにプランニングを練り上げていきました。
リビングでテレビを見ている時に洗い物の音が気にならないよう、キッチンは対面式ではなく、それでいて働く奥様が閉鎖的に感じないよう、リビングと一体感のゾーニングに…。また、欲しかった和室も、普段使わない部屋にならぬよう、リビングとつなげることで日常的に活用できるスペースとし、一段高くすることで腰掛けになり、収納スペースも確保できました。
ご夫妻は当初、光熱費のことや夏の暑さ、冬の寒さを心配して吹き抜けをつくることを躊躇しましたが、「FPなら大丈夫!」と言われ、開放感のある吹き抜けを実現。そして、吹き抜けに面したスタディコーナーもF様邸のご自慢のひとつです。子どもが小さいうちはキッチンやリビングから目の届く場所で勉強させたいとの思いから、スキップフロアをイメージしたそうですが、近い将来、お子さんが3人に増えても座れるように十分なスペースを確保しました。
「実は、最初に私が“小さな書斎”と“縁側”を希望したのですが、予算と広さの面から難しいとわかりました。でも、スタディコーナーを広げることで子どもと一緒にパソコンを使うスペースができ、また縁側も妻が希望した“雨でも洗濯物を干せるスペース”との融合でウッドデッキを作ってもらったので、夕涼みや花火もできそうです」と満足げなご主人。特にスタディコーナーの棚は、大工さんになんとなくのイメージしか伝えられなかったものの、“御輿”の雰囲気を思わせる木の造りに仕上がって、予想以上の出来に大感激したそうです。

お風呂上がりの「クルム禁止令」、発令!

 まだひと夏しか経験していないものの、大きな吹き抜けを設け、家全体が広くなったにもかかわらず、電気代の安さには驚いたとのこと。
「この夏、工務店さんからのすすめでエアコン1台を24時間つけっぱなしにしましたが、電気代は以前のアパートの金額に少しプラスしたくらい。従来のガス代の分を加えると、光熱費は現在の方が安く済み、しかも快適ですからね。今から冬がとても楽しみです」とご主人。
そしてもうひとつ、Fさんご夫妻が家づくりをするうえで、どうしても取り入れたいものがありました。それは、FPならではの特色を生かした保冷室「クルム」です。
「もともと食品庫がほしかったのですが、ホームページでFPパネルを活用した『クルム』の存在を知り、設置してもらいました。農家から買っている30kgのお米はもちろん、野菜類や飲み物、料理の入った大きなお鍋など、なんでも保管できて大活躍しています」と奥様。
ご主人からはこんなエピソードも。「完成見学会の時、クルムを見てもらうために電源を入れて『風呂上がりに入ったら気持ちいいんやろうなぁ』と思わず口にしたら、妻から『クルムに入るのは禁止!』と言われてしまいました(笑)」。ご主人、大丈夫です!「FPの家」はクルムに入らなくとも、室内で十分気持ちいいのですから。
Fさんご夫妻の望みは、家族みんなでいつも仲良く楽しく暮らすこと。2人のお嬢さんが可愛くてたまらないお父さんは、「少しでも長く一緒に居られたら…」というのが偽らざる気持ちのようです。

  • 写真 File.33-2高校時代から御神輿を担ぎ、“祭りの時期になると血が騒ぐ”というご主人。
  • 写真 File.33-3保冷室クルムは「この家でいちばん大活躍しています」と奥様、大絶賛!
  • 写真 File.33-4“ご主人についていくだけ”と言いながらも、しっかりご家庭を守っている奥様。

ギャラリー※クリックすると大きな画像をご覧いただけます。

全国「FPの家」グループ会員のご紹介

お近くのエリアをクリックしてください

全国のFPの家施工店マップ
  • 北信越地区 新潟・長野・富山・石川・福井・岐阜
  • 東海地区 岐阜・愛知・静岡・三重
  • 関西地区 滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・和歌山
  • 中四国地区 広島・岡山・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島
  • 九州地区 山口・長崎・佐賀・福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島
  • 北海道地区 北海道
  • 北日本地区 青森・秋田・岩手

    東日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 東日本地区 岩手・山形・宮城・福島

    北日本地区にも岩手県の一部が掲載されています。

  • 北関東地区 栃木・群馬・埼玉
  • 南関東地区 茨城・東京・千葉・山梨・神奈川

閉じる

全国「FPの家」グループ会員のご紹介